カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ

アーカイブ


携帯電話用QRコード

[笠ヶ岳・抜戸岳」周遊山行・・最後の山 P8に、バテバテで・・

「鏡池」より槍穂稜線を望む

「鏡池」より槍穂稜線を望む

年に1度は北アに足を踏み入れたいという気持ちと60山ラリーも最終という事で「笠ヶ岳」を選び、市内のK氏に連絡し予定日が合い同行していただく。
9月24日(金)晴れ時々曇り:1年半ぶりの北アなので緊張もするが、期待のほうが大きい。
新穂高に駐車、9時スタート⇒ワサビ平小屋⇒小池新道⇒シシウドケ原⇒鏡平小屋着14時30分(素泊まり9,000円)
なかなかの急登続きで、シシウドケ原以降やっと、精神的にやわらぎのんびり歩く。
槍、穂高稜線は、ガスって見えず残念。翌朝、撮影する。
9月25日(土)晴れのち曇り:2日目は天気も良く、6時30分スタート、弓折岳⇒大ノマ岳⇒「抜戸岳」往復⇒
笠ヶ岳山荘着13時30分、7時間歩行。プラス「笠ヶ岳」往復約1時間。(1泊2食13,000円、夕食カレー、朝食シャケ定食)
途中の、「抜戸岳」は縦走路にザック置いて往復、空荷で身体が空を飛びそうでした・・
抜戸岩も通り抜けて、少しお祓い気分でサッパリする。次の日、2回も通る事になるとは知らずに・・

「抜戸岳」・・空荷で登頂!

「抜戸岳」・・空荷で登頂!

遠望の「笠ヶ岳」・・まだまだです~~

遠望の「笠ヶ岳」・・まだまだです~~


道中、奥には「双六岳」「野口五郎岳」「鷲羽岳」、横には槍穂稜線がつづき、キツイ山行も楽しくなる。

「笠ヶ岳」・・遠かった笠山頂!!

「笠ヶ岳」・・遠かった笠山頂!!


9月26日(日)雨のち時々曇り:3日目、スタート後、雨になり途中土砂降り状態、笠新道下山はなかなかの激下りでエラかったです。下山駐車場は曇天で一安心。
笠ヶ岳山荘5時30分発⇒抜戸岩で忘れ物に気づき、単独で往復(約1時間)⇒笠新道⇒笠新道登山口10時30分⇒新穂高温泉11時
(ポシェットを山荘に忘れ、雨の中 抜戸岩を往復し再度の山荘前の急登がキツイ!)

新穂高温泉から、駐車場の「鍋平P8」までの登りのキツかった事、いい思い出です・最終日一番の登りでした。
「鍋平P8駐車場」11時40分着終了。駐車場も連休最終日で、ガラガラでした・・
無事、五体満足で下山できました。
同行のK氏に笠新道の雨降りの激下りに、また道中頑張って頂き、感謝感謝です。ありがとうございました。

9月24日(金)1日目・約5時間30分歩行(休憩込み)
9月25日(土)2日目・約7時間歩行(休憩込み)・抜戸岳・笠ヶ岳登頂
9月26日(日)3日目・約6時間10分(休憩込み)

「仏戸山」・ここも山ヒルが!?・秋風が気持ち良いけど・・

◎山頂は、三角点と札があります。

◎山頂は、三角点と札があります。

本日最後の山、「仏戸山」に行く。
登山口近くまでは、林道の肩が崩壊し、進入禁止札の手前の横道に駐車する。
登山口まで、林道を歩く。苔生していて滑りそうで危険。
登山口で、先行者が下山してみえたので「ヒルは、どうですか?」と尋ねると
「まだまだいますよ」と軽く答えて頂く。
先行者は、アスファルト路面上で靴&靴下をしきりに見ているのも、ヒル確認か??

◎林道左側の登山口。この上の藪内に「ヒル」います。

◎林道左側の登山口。この上の藪内に「ヒル」います。

登山口上の稜線までが、道が湿気ていてヤバイ。
結構、急登だがクネクネ道で、時折り野生バラがあり、厳しい。
「ヒル」も気になり、靴チェックも欠かさずする。
尾根の上に出ると、秋風が気持ち良い。
山頂で一服しとっとと下山する。
途中、山行者がふくらはぎを「ヒル」にヤラレタと言って見えた。
下山後、速攻 靴&靴下を脱ぎ、チェックする。
なんとザックに2cmほどの「ヒル」が歩いている。
早速、「ヒルからジョニー」で退治する。
先日は、三ツ瀬明神でも、三ツ瀬側から入山し「ヒル」を3匹ほど退治する。
三河の山は、晩秋~冬がいいのかな・・

山行往復時間:約1時間20分

登山口マップコード・301 650 608*78

「尾籠岩山」・・ヒル下がりのジョニー必須!!

◎山頂より三ツ瀬明神を望む

◎山頂より三ツ瀬明神を望む

本日最後の山「尾籠岩山」おろいわやま710m、13時50分現地着。
尾籠の集落の道を最後まで上ると集会場駐車場(3~4台可)がある。
集会場入り口に説明表示があり、山ヒルの生息域との事。

◎山ヒル対策の「塩」がある・1袋頂く。

◎山ヒル対策の「塩」がある・1袋頂く。

早速、登山靴に塩をふりかけ、塗り込み、更に「ヒル下がりのジョニー」を右手に持ち突入。

◎きちんと表示された入り口、その奥の墓場側道より山ヒル発見

◎きちんと表示された入り口、その奥の墓場側道より山ヒル発見

入り口を20mほど入り、墓場があるその側道より即早、山ヒル発見。
靴につかない様に素早く登るが、尾根筋までに3回ほど、登山道上の岩うえで、「ジョニー」が役立つ。
尾根筋までの高度差200m程は、とにかく早登り。
尾根筋以降、山頂まではいない模様。

◎山頂で「塩」を靴下に刷り込み、靴に「ジョニー」を塗り込む

◎山頂で「塩」を靴下に刷り込み、靴に「ジョニー」を塗り込む

下山も、尾根筋よりの湿気た、登山道は小走りに行く。
1回確認しるが、下山後アスファルト道路上で、2匹を「ジョニー」でやっつける。
駐車場手前の家のおじさんと立ち話。山ヒルは冬以外いるよとの事。
自家用車に戻り、アスファルト路面で下半身脱ぎ捨て、山ヒルチェック。
左足首に1匹、、、やられました・・・
これから登山する方は、冬がおすすめです。山ヒル対策も一応、持参しましょう。

登山道往復・約1時間30分(山頂15分ほど山ヒル対策込み)
高度差:約250m
登山口駐車場・マップコード・301 530 650 *65

熱中症要注意!三河の山々【御岳山】

天気回復予想の中、久しぶりに予定がない休日になり、60山ラリーに行く。左脚ふくらはぎ肉離れもだいぶ良くなった。ヒザが悪い為、ゆっくり下る。
御岳山は、林道山中線を使う。

出入り口は、禁止されているが、裏技で林道へ突入する。

もしこの投稿参考する場合は、自己責任でお願いします。

軽自動車なので車幅もよいが、普通車は厳しいと思う。

ジムニーなら登山口上の取り付き迄、行けそう。
0844E133-8FC6-4557-B55B-E6870BC0B458
登山口まで、バモスで行く。
4C66C3FC-DFB6-406D-8253-1524BA99135A
御岳山は林道の続きを歩き、急勾配の山道を歩く。
汗だくで朝から歩いている為、暑いなかバテバテで歩く。
山頂は、山頂プレートも無くて残念。写真撮り下山する。

42661B09-7747-45A0-9AAE-DAF46A7A9E91
山ヒルも居なくて、ほっとする。

ただ水不足で、数年前の秋の霞沢岳で、喉かカラカラになり大変だった事を思い出す。

下山し、道沿いの自販機でポカリ購入し助かった。

汗ダクダクで飲んでも飲んでも足りず、半分くらい熱中症かと即早

帰宅し水風呂で、今後の対策を考える。

参考資料:マップコード:林道山中線入り口、681253050
: 登山口、681164249

登山道:往復約1時間30分

7EC15020-1EA4-4398-BEB5-2C8A3CE33AAD

伊勢志摩・浅間山・酷暑のパールロードよりのブッシュ漕ぎ

昨日より伊勢志摩に滞在中の為、愛用のスーパーマップル地図をチェックすると、近くに浅間山を見つける。
標高201mとの事で、空き時間にチャレンジする。
スマホアプリ、スーパー地形で見ると道らしきラインはあるが、実際にはブッシュに突入。
23ED357D-288C-40A4-948F-4FD38ACA23FE
ヤブ漕ぎをスーツズボン、汗だくのTシャツ&タオル巻きで突入する。シダ類を踏みつけ、セミか南国の虫が飛び交うなか、テープを発見。しかしヤブ漕ぎは、変わらず尾根筋でやっと歩ける。
4D5E1BB7-5F8E-488B-A612-AB7003E7C474
山頂のフダを見つけ写真撮り、さっさと撤収する。
D559B6F0-C42B-410E-8F3B-F0E0762F84F7
下山途中で、蜂か南国の虫に追われて沢筋より、パールロードに逃げる様に下山する。
やはり盛夏に、南国の伊勢志摩は、厳しいと思う。
厚手のズボンに、長袖シャツ、防虫スプレー、ブッシュ漕ぎ用の鎌は、必須と感じる。

三重の山、メジャー以外の低山は、秋冬がおすすめします。

また左脚ふくらはぎも撃急勾配を登り降りし腫れ気味で、やはり無理は禁物ですね。

歩行時間、約40分。不明点、聞きたい事がありましたらご連絡をお願いします。

伊勢志摩・青峰山・夕刻の山頂

伊勢志摩に泊まるとの事で、ホテルに16時半に着く。

愛用の地図本、スーパーマップルをめくると、近くに60山ラリーの青峰山がおる。

17時にでて、愛社用車で正福寺目指して走る。

071ECCE1-E9AF-4F02-9E71-182D751E9684

到着17:30、ワイシャツ、スーツズボンで歩く。

ずーと急勾配でまたまた左脚ふくらはぎが、心配で心が痛む。

約10分ほど歩き山頂❗️

D5F7B73A-3144-4EE3-94E0-5C4603420C27

速攻で下山し、ホテルに戻る。

まだ左脚ふくらはぎが心配だが、少しずつ山行を復活していきたい。

歩行時間、約20分位。まだブログの記入がイマイチで、入力しているので、不明点、聞きたい事がありましたらご連絡をお願いします。

伊勢志摩・横山・肉離れ後の様子見山歩き

7月始め、自宅二階への階段を何時も通り上がる途中、左脚ふくらはぎがブチっと言った感じで激痛が走り、その日の夜通院後、松葉杖生活に入りました。肉離れ、部分断裂とエコー写真と共に富士山山行も中止と支部山行参加者にも大変ご迷惑をおかけしました。約1ケ月経ち、痛みも無くなり歩ける様になり、仕事上、伊勢志摩に行ける事で、脚慣らしの意味で横山を歩きました。

C2E0B7C1-9680-45F0-91AD-FD180995117C約1ケ月ぶりの山歩きで、左脚ふくらはぎに気を使いぼちぼち歩くつもりが、調子良く歩き約1時間で、駐車場、環境庁のビジターセンター往復する。登山道は、幾つかの見晴らし台までは、石畳みでよい、後半は、しっかりした登山道で暑いが気持ちいい。

E3B85523-6ADF-40FE-AA6D-F4B65940F259スタスタ歩き続けると最後に、急勾配で山頂!

見晴らしは、無い。直ぐに下山する。

B05C5429-4088-4449-9354-5C0B0A6F4EAA

下山後、ビジターセンターでトイレ休憩と汗だくのシャツを洗う。

AEE401F1-AE48-4FFF-98A9-D09B49BFCBA1左脚ふくらはぎは、心配だったが無事往復でき、安心する。

9月始めの北アまでに治す様に気をつけて行きたい。

伊勢志摩まで個人山行では、なかなか来れないが、また秋冬の横山も気持ちいいと思います。

歩行時間、約1時間。まだブログの記入がイマイチで、入力しているので、不明点、聞きたい事がありましたらご連絡をお願いします。

駒山で「入山禁止」に出会う。

IMG_3143
 今日は三河の山に出かけて、「入山禁止」に出会って戻ってきました。
 60山ラリーでは、本来の登山からはちょっとちがってしまうけどが、なるべく登頂数を稼ぎたいので、出来るだけ頂上近くまで車で行って、そこから登るようにしているが、ここのところはせっかく林道があるのにゲートが閉まっていては入れないことも多い。今日行った駒山では通行止めになっているところから10分ほど歩いて行ったら「入山禁止」になっていて、時間も遅かったのでそのままかえることになってしまった。
 その時の立て看板だが、「罰金」が「罪金」、「次第」が「次弟」になっていた。偉い人でも読み間違えるのだから、書くのを間違えるくらいは仕方ないか。漢字は難しい。

御殿山はヒル注意!

御殿山
 今回の60山ラリーでまだ誰も登っていない山、御殿山へ登ってきました。
 登り口は神社で、登山道も分かり易く登りやすい山でしたが、ヒルに襲われ大変な目に遭いました。
 登山道の下半分の少し日当たりの悪い場所で、それほど湿り気のある場所ではなかったですが、たまたまヒルの話をしながら登っていたら、足首に何かヒヤット感じました。
 よく見ると茶色と黒色の間のような小さなものがくっついていました。幸い簡単にとれたので、足元周りを確認するともう一つくっついていました。
 その後は、頂上へ着いてからと登山口へ戻ってから、靴や靴下、ズボンや上着、下着を脱いで調べると、僕の方に6匹、相方の方に2匹着いていました。
 御殿山へ登られる方は、ヒル対策をこうじてから登られることを勧めます。

 

鍋山一等三角点

 鍋山一等三角点は、知多半島有料道路の美浜ICを降りてゆくか、名鉄線の河和駅から歩くと行くことができます。
 河和駅から美浜駅へと知多半島を横断するオレンジラインという遊歩道があり、その中間あたりに鍋山はあります。オレンジラインは、どうにか自動車も通れる道なので、鍋山のすぐそばまで車で行くことも出来てしまいます。
鍋山一等三角点標識
 「鍋山一等三角点」と書いた標識が道路にあり、そこから南側へほんの1~2分も登るとそこに三角点の石柱が埋められています。
鍋山一等三角点石柱
 鍋山の頂上(?)からは、半島の東側の海(三河湾)と西側の海(伊勢湾)の両方と、高速道路がよく見えます。
鍋山一等三角点景色