カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリ

アーカイブ


携帯電話用QRコード

支部友夏山山行「針ノ木岳、蓮華岳」剣岳、立山連峰、槍ヶ岳、富士山、八ヶ岳すべて見えた。

今回の夏山山行は7名の少数精鋭、平均年齢も低く体力・技術とも十分な人が多い。
私は上から2番目の年長、しかも最年長のAさんはとても元気なうえ、支部友入会2年目で山登りが楽しくてしょうがない時期、私の頭にみんなの足を引っ張らないか少し不安がよぎる。

さあ、登るぞ!扇沢駐車場にて

さあ、登るぞ!扇沢駐車場にて

1日目は、柏原新道を種池山荘まで登る。
途中扇沢駅が見える場所で、地図とコンパスを使って現在地同定をみんなで行ってみる。

種池山荘に到着

種池山荘に到着

種池山荘に到着。睡眠不足か、かなり疲れたが、予定時間内に到着。大きな迷惑はかけずに済んだようだ。

剣岳をバックに記念撮影

剣岳をバックに記念撮影

2日目は、今回の山行の核心部分、岩小屋沢岳、鳴沢岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳へとアップダウンの繰り返し、岩場、ガレ場の昇り降りが延々と続く。
朝のうちはガスって視界がなかったが、岩小屋沢岳についたころには雲が晴れて目の前に存在感のある剣岳が姿を現した。
裏から見る剣岳は、「岩と雪の殿堂」といわれるにふさわしい鋭い岩峰と雪をしっかり残した白い雪渓の対比が美しい。
長い歩行を経て針ノ木小屋に無事到着。小屋は満員御礼状態だが、リーダーの顔と交渉力で、別料金なしで個室を確保、狭いながらも他グループを気にせずに疲れをとることができた。

朝焼けの中の富士山と八ヶ岳連峰(蓮華岳頂上から)

朝焼けの中の富士山と八ヶ岳連峰(蓮華岳頂上から)

3日目は、早朝に蓮華岳を往復。登山路にはピンクのコマクサがあちこちに花を開いていて、とてもかわいらしい。
柏原新道や種池から針ノ木への縦走中にも、ゴゼンタチバナ、チングルマ、キヌガサソウ、シナノキンバイ、チシマギキョウなどなどの多くの花を楽しむことができたし、雷鳥に遭遇し至近距離から撮影することも出来た。
蓮華岳頂上からは、富士山、八ヶ岳連峰、槍ヶ岳、奥穂高岳、前穂高岳、七倉岳への縦走路、真砂岳、野口五郎岳の表銀座の山々などすべてが見える。地図と磁石で、各山の位置と名前の確認を楽しむ。

蓮華岳頂上で

蓮華岳頂上で

頂上での時間を楽しんだ後、記念撮影を行うころには、ガスで景色は見えなくなっていた。
その後、針ノ木小屋から下山、針ノ木雪渓をアイゼンで下り大沢小屋へ、そのころからは雨がふりだし雨具をつけて濡れながら扇沢に到着。しかし駐車場を出て温泉で疲れを取っていたころには青空がもどっていた。
雪渓の下りは緊張を強いられたが、ノドと呼ばれるあたりでは雪渓は痩せ、マーキングされた下山路から2メートルも離れていない場所に大きな穴が開いていて、その下を流れる雪解け水の水音さえ聞こえてきてさらに緊張感を強められた。

残雪の雨飾山

支部友山行で「残雪の大渚山&雨飾山」へ行ってきました!
ブナの根明けと新緑、残雪の山々の眺望、シラネアオイ、ハクサンイチゲの花々、この時期ならではの感動の山行でした! 下山後 ブナ林の中の露天風呂も最高でした。雨飾山3雨飾山9雨飾山13雨飾山8

伊吹北尾根

支部友山行で伊吹北尾根に行ってきました!
山野草の開花は例年と比べると遅れ気味でしたが
ヒトリシズカやルイヨウボタン、ヤマエンゴザクは花盛り!
ヤマシャクヤクも大きな蕾をつけていました。
新緑とお花を愛でながらの稜線漫歩は気分最高!
伊吹北尾根1伊吹北尾根2ヒトリシズカ

高峰スノーハイキング

支部友山行で高峰高原へスノーハイキングに行ってきました!
計画では黒斑山に登る予定でしたが、雪の為到着が遅くなり 急遽 高峰山に変更!
先ずは雪上車に乗換え 秘湯 高峰温泉へ… 
一休み後 ふかふかの雪の中にトレースをつけて高峰山、下山は無垢の新雪を踏んでウサギになった気分!みんな童心にかえって楽しみました~♪
二日目はクロカン組とスノーシュー組に分かれ 池の平へ…
クロカンが初めての人も何人かいましたが とても上手く 目標時間より早くゴールイン!
とても とても 楽しいスノーハイキングでした!高峰温泉1高峰温泉2高峰温泉3雲上の露天風呂

50山ラリーホームページの地図で航空写真を見る

 前の記事で紹介した50山ラリーのホームページの新機能で山の航空写真を見ることが出来ます。
 いろいろな山の航空写真をみるといろんなことがわかります。
 航空写真の無い場所もあります。

佐久島の航空写真。道路地図はあるが、写真がない。

佐久島の航空写真。道路地図はあるが、写真がない。


 佐久島の富士山を見ようと航空写真を表示すると、何も表示されません。「地図+航空写真」にすると、道路だけが標示されます。次の神島の航空写真と比べてください。こちらはちゃんと表示されています。
神島(灯明山、東山)

神島(灯明山、東山)

 こちらは、航空写真が表示されていますが、左側の一部は違うときに写した写真のようです。 
各務ヶ原(岐阜)権現山

各務ヶ原(岐阜)権現山


 岐阜の権現山の航空写真です。昔の山火事で燃えて、まだ木が十分に生えてきていないのがよくわかります。
鍋山。頂上部分だけ木がない。

鍋山。頂上部分だけ木がない。


 鍋山の航空写真では、頂上付近だけ白く見えて、眺望がよさそうなのがわかります。

 登った山、これから登ろうと思う山を、地形図や航空写真でみて確認すると、いろいろわかることもあります。
 2万5千分の1地図が基本でしょうが、グーグルの地形図や航空写真も活用してみてください。

50山ラリーホームページの新機能を使う(山の地図表示)

 50山ラリーのホームページに新機能が追加されました。
 「全山リスト」から、山の地図上の位置を表示することが出来ます。(グーグル地図で)
 ただし、すべての山ではなく愛知の山を中心に一部の山のみです。
 手順は次の通りです。

全山リストで山番号を選択する

全山リストで山番号を選択する


 全山リストで山の一覧を表示させ、地図を表示したい山の山番号の上にマウスポインタを移動させ、左クリックします。(この時、地図を表示できる山の山番号は表示色が変わります。変わらない山は地図情報が未だありません。)
表示された地図

表示された地図


 該当の山を中心にした地図が表示され、山頂部分にマークが表示されます。拡大・縮小表示することもできます。
航空写真

航空写真

 
 航空写真を表示することもできます。
地形図

地形図


 地形図を表示することもできます。
ストリートビューの表示。人形マークを青くなった道路上へドラッグします。

ストリートビューの表示。人形マークを青くなった道路上へドラッグします。


 ストリートビューの表示が可能な場所では、登山口の様子などを表示することが出来ます。
鳩吹山登山口の駐車場と土田城の看板

鳩吹山登山口の駐車場と土田城の看板


 鳩吹山登山口(善師野側、国道41号線脇)の登山者用の駐車場を見ることが出来ます。(左奥の車の見える場所が駐車場)
国道41号線下の鳩吹山の登山口

国道41号線下の鳩吹山の登山口


 国道41号の下をくぐる登山口も表示することが出来ます。

 見終わったら、地図の右上にある「全山リストに戻る」ボタンをクリックすると、全山リストの表示に戻ります。

 位置がよくわからない山の場所の確認などに活用してください。

 

第一、第二真富士、毛無山

第一真富士頂上から富士山

第一真富士頂上から富士山

 支部山行で、11月9日から10日にかけて「第一真富士、第二真富士、毛無山」の三山に登ってきました。
 一回の山行で、50山ラリー対象の山三つを登れるということですが、「郷土富士」コースはなかなか達成が難しいコースです。
 宿泊の「奥山温泉」は、きれいな部屋で温かい温泉が楽しみとはいえ、食事の提供がないので、自炊です。
 私は、夜は手製のお弁当、朝は焼き餅と即席みそ汁です。食事は自前とはいえ、リーダーからの差し入れや、おかずの交換しあい、おいしい焼酎のふるまいもあり、楽しく盛り上がる夕食となりました。
毛無山頂上で休憩

毛無山頂上で休憩

 1日目の第一、第二真富士は、登山口の林間の登山道が登りにくいが、そのあとは一定間隔で安置された何体ものお地蔵さんに励まされながらの登りです。第一真富士から一度下って、第二真富士へ登るとき少し危険な場所があります。不安な人は設置されたロープを助けにしながら登ります。
 登山路の途中にある神社から、きれいな富士山がばっちり見えます。
 もちろん、第一真富士の頂上、第二真富士の頂上からも、富士山は丸見えです。
 そう、この山行の2日間はこの上ない快晴、風も少なく眺望は最高、頂上での休憩は暖かな陽射しを受けてのんびりです。
 真富士からの下山時には、中世古リーダーから「ツエルトの使い方」の講習。
 厳しくも優しい中世古リーダーからは、登山中いろいろな教えを頂きます。
 2日目、毛無山からの下山は、地蔵峠から沢沿いの道を下ってきました。
地蔵峠から富士山

地蔵峠から富士山

 沢沿いの下山路には、渡渉地点が数か所あるので、案内看板にあった通り増水時には渡れなくなりそうです。悪天候時や雨のあとは注意が必要です。
 岐路で寄った温泉の駐車場から、夕日に照らされ赤く染まった富士山を見ることができました。 これはめったには見られないそうです。
赤富士

赤富士

 天候にも恵まれ、素晴らしい眺望、アットホームな交流、そして厳しい指導など、とっても楽しい山行でした。
 
 

愛知県の山 三山縦走

50山ラリーの期間も 1年切りました。
早く登らねばとの焦りを覚えますが、ラリーを目的としていないので同じ山を何度も登る事になり、なかなか思う様にカウントが進みません。
そこで 3山一度に登れる愛知の山(聖山~登望峰山~桑谷山)を縦走してきました。
登山口を捜すのに苦労しましたが、山へ入れば踏み跡はあり、地図を片手に三河湾の景色を眺めながら 3時間で3山制覇ができます。
お昼には桑谷山荘に到着!ここで 松茸釜飯ランチを賞味して 展望フロに入れば言う事なし…
愛知県の山を目指している皆さん、是非 挑戦してみて下さい。hiziriyamakuwagaisan

紅葉の涸沢

今年は猛暑の為か?紅葉が遅れている。
涸沢へ入った12日は丁度ピークで 燃える紅葉に 皆 大感激!
連休中の涸沢ヒュッテは一枚のフトンに 3人の混み様だったとか…
紅葉は20日頃まで楽しめるようですので 是非 お出掛け下さい。karasawa5karasawa4karasawa3karasawa2

 赤木沢遡行

9月初旬、登山教室指導員研修で黒部川源流.赤木沢へ行ってきました。
日本一の美しさと言われるこの沢は20年来の憧れ!健脚者に混じってのハードな行程は辛かったけれど、夢にまで見た赤木沢の出合は翡翠色に輝き、そこから始る赤木沢は景観豊かで滑らかな岩を流れるナメ滝が続きます。夢心地の様な沢歩きも源頭に近づき、涸れ沢を登ると大草原が広がる赤木平!目の前には水晶岳、赤牛岳、薬師岳が横たわり 最高のロケーション!しばし草原に寝転び 懐かしい山々を眺め、楽しかった沢遡行の余韻に浸って至福のひととき…
この後に折立までの強行下山が待っているとは…!

akagisawa1akagisawa5

akagisawa3akagisawa6