カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリ

アーカイブ


携帯電話用QRコード

支部友夏山山行「針ノ木岳、蓮華岳」剣岳、立山連峰、槍ヶ岳、富士山、八ヶ岳すべて見えた。

今回の夏山山行は7名の少数精鋭、平均年齢も低く体力・技術とも十分な人が多い。
私は上から2番目の年長、しかも最年長のAさんはとても元気なうえ、支部友入会2年目で山登りが楽しくてしょうがない時期、私の頭にみんなの足を引っ張らないか少し不安がよぎる。

さあ、登るぞ!扇沢駐車場にて

さあ、登るぞ!扇沢駐車場にて

1日目は、柏原新道を種池山荘まで登る。
途中扇沢駅が見える場所で、地図とコンパスを使って現在地同定をみんなで行ってみる。

種池山荘に到着

種池山荘に到着

種池山荘に到着。睡眠不足か、かなり疲れたが、予定時間内に到着。大きな迷惑はかけずに済んだようだ。

剣岳をバックに記念撮影

剣岳をバックに記念撮影

2日目は、今回の山行の核心部分、岩小屋沢岳、鳴沢岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳へとアップダウンの繰り返し、岩場、ガレ場の昇り降りが延々と続く。
朝のうちはガスって視界がなかったが、岩小屋沢岳についたころには雲が晴れて目の前に存在感のある剣岳が姿を現した。
裏から見る剣岳は、「岩と雪の殿堂」といわれるにふさわしい鋭い岩峰と雪をしっかり残した白い雪渓の対比が美しい。
長い歩行を経て針ノ木小屋に無事到着。小屋は満員御礼状態だが、リーダーの顔と交渉力で、別料金なしで個室を確保、狭いながらも他グループを気にせずに疲れをとることができた。

朝焼けの中の富士山と八ヶ岳連峰(蓮華岳頂上から)

朝焼けの中の富士山と八ヶ岳連峰(蓮華岳頂上から)

3日目は、早朝に蓮華岳を往復。登山路にはピンクのコマクサがあちこちに花を開いていて、とてもかわいらしい。
柏原新道や種池から針ノ木への縦走中にも、ゴゼンタチバナ、チングルマ、キヌガサソウ、シナノキンバイ、チシマギキョウなどなどの多くの花を楽しむことができたし、雷鳥に遭遇し至近距離から撮影することも出来た。
蓮華岳頂上からは、富士山、八ヶ岳連峰、槍ヶ岳、奥穂高岳、前穂高岳、七倉岳への縦走路、真砂岳、野口五郎岳の表銀座の山々などすべてが見える。地図と磁石で、各山の位置と名前の確認を楽しむ。

蓮華岳頂上で

蓮華岳頂上で

頂上での時間を楽しんだ後、記念撮影を行うころには、ガスで景色は見えなくなっていた。
その後、針ノ木小屋から下山、針ノ木雪渓をアイゼンで下り大沢小屋へ、そのころからは雨がふりだし雨具をつけて濡れながら扇沢に到着。しかし駐車場を出て温泉で疲れを取っていたころには青空がもどっていた。
雪渓の下りは緊張を強いられたが、ノドと呼ばれるあたりでは雪渓は痩せ、マーキングされた下山路から2メートルも離れていない場所に大きな穴が開いていて、その下を流れる雪解け水の水音さえ聞こえてきてさらに緊張感を強められた。

夏山

今年は意外に早く梅雨が明けて、アルプスを楽しまれた方も多くいらっしゃると思います
私も 28日から御嶽山に登り 新二の池小屋に泊りましたが、次の日は大雨!
ずぶ濡れになって濁河温泉へ下りてきました。
8/2からの槍ヶ岳縦走は好天に恵まれ、槍.穂の景色に感激しながら 稜線漫歩を楽しみました。
9日からの笠ヶ岳は雲が多く眺望はイマイチでしたが、高山植物が真っ盛り!
一面のお花畑に大満足の夏山でしたontakesanyarigatake

kasagatake

残雪の八ヶ岳

行者小屋から赤岳
    行者小屋から赤岳
地蔵尾根から阿弥陀岳
    地蔵尾根から阿弥陀岳
赤岳頂上 昼0度
    赤岳頂上小屋 温度計昼0度

連休明けに行者小屋から赤岳をラウンド。
赤岳鉱泉小屋から下は登山道に雪はありませんでした。
新雪が5Cmあり真っ白な八ヶ岳連峰を堪能しました。

厳冬の蝶が岳

穂高から槍ヶ岳 蝶が岳頂上より
徳沢の冬期小屋に宿泊した。2月としては年に1度あるかないかの雪の状態と快晴が約束されたので、日帰りで蝶が岳を往復した。
11時間の長丁場だったが、頂上からの槍、穂の稜線の展望は抜群で厳冬の景色を満喫でき、忘れられない日となった。

徳沢からの前穂東壁の朝焼け、上高地からの吊り尾根、大正池からの焼岳の景観もすばらしく徳沢までのトレッキングでも十分楽しめる。

年末 冬山 鳳凰三山

PC290070PC290060PC290043PC290038鳳凰 2009.12 7本年締めくくりは南ア鳳凰三山。20代の若者2人といつものYさん計4名。
3000mの冬山テント泊も最後と思いながら数年たった。
神に感謝。今年こそ年貢の納め時か。

入山は荒天。ひたすら歩いて2600mに幕営。 
シェフYさんの「すき焼き」と手放せない焼酎で寒さはどこかへ快適な一夜。

翌日は無風、快晴の絶好のアタック日和。

薬師、観音、地蔵と360度パノラマを満喫。
今年も良い一年でした。皆様に感謝。

良きお年をお迎えください。