カレンダー

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリ

アーカイブ


携帯電話用QRコード

第一、第二真富士、毛無山

第一真富士頂上から富士山

第一真富士頂上から富士山

 支部山行で、11月9日から10日にかけて「第一真富士、第二真富士、毛無山」の三山に登ってきました。
 一回の山行で、50山ラリー対象の山三つを登れるということですが、「郷土富士」コースはなかなか達成が難しいコースです。
 宿泊の「奥山温泉」は、きれいな部屋で温かい温泉が楽しみとはいえ、食事の提供がないので、自炊です。
 私は、夜は手製のお弁当、朝は焼き餅と即席みそ汁です。食事は自前とはいえ、リーダーからの差し入れや、おかずの交換しあい、おいしい焼酎のふるまいもあり、楽しく盛り上がる夕食となりました。
毛無山頂上で休憩

毛無山頂上で休憩

 1日目の第一、第二真富士は、登山口の林間の登山道が登りにくいが、そのあとは一定間隔で安置された何体ものお地蔵さんに励まされながらの登りです。第一真富士から一度下って、第二真富士へ登るとき少し危険な場所があります。不安な人は設置されたロープを助けにしながら登ります。
 登山路の途中にある神社から、きれいな富士山がばっちり見えます。
 もちろん、第一真富士の頂上、第二真富士の頂上からも、富士山は丸見えです。
 そう、この山行の2日間はこの上ない快晴、風も少なく眺望は最高、頂上での休憩は暖かな陽射しを受けてのんびりです。
 真富士からの下山時には、中世古リーダーから「ツエルトの使い方」の講習。
 厳しくも優しい中世古リーダーからは、登山中いろいろな教えを頂きます。
 2日目、毛無山からの下山は、地蔵峠から沢沿いの道を下ってきました。
地蔵峠から富士山

地蔵峠から富士山

 沢沿いの下山路には、渡渉地点が数か所あるので、案内看板にあった通り増水時には渡れなくなりそうです。悪天候時や雨のあとは注意が必要です。
 岐路で寄った温泉の駐車場から、夕日に照らされ赤く染まった富士山を見ることができました。 これはめったには見られないそうです。
赤富士

赤富士

 天候にも恵まれ、素晴らしい眺望、アットホームな交流、そして厳しい指導など、とっても楽しい山行でした。
 
 

倶留尊山

kuroso1kuroso2

7月 2日 支部友山行で「倶留尊山」へ行ってきました。

雨を心配しての決行でしたが、まずまずのお天気…

この日は倶留尊山へ登る人も無く 山頂は私達で独り占め!

下山時には展望も良好になり、稜線から眺める 緑の曽爾高原に感激!

静かな山歩きが楽しめ、諸々 とてもラッキーな一日でした

何がラッキーだったかって?

それは参加した人に聞いて下さいな (^ー^* ) フフフフ

大山 北壁

大山 1大山 2
岡山の知人の誘いで大山へでかけた。
夜行バスは横3人のゆったりでリクライニングシートも足が伸ばせ快適な旅でした。
大山北壁はさすがのロケーションで圧倒されてきました。
4月ですが雪も夏道を少しのぼれば顔をだし、気分良い残雪登山となりました。

各務ヶ原権現山。権現山違いだった。

 岐阜権現山へ登ったとき、各務ヶ原側にある「権現山」を、「権現山(夕暮富士)」と思い込んでいたが、ある方からメールでご指摘を頂き、よくリストを見直したら標高が208mとあり、間違いが判明してしまった。
 それにしても、あちこちに権現山が多すぎる。
 「○×富士」もあちこちにたくさんあるが、こちらは、それぞれ「長良富士」だの、「夕暮富士」だの、頭にそれなりに素敵な文句がついているが、「権現山」は、どこでもただの「権現山」だもの。

 とりあえず、今日天気が晴れたので早速本物の各務ヶ原の権現山に登ることにした。

 ネットなどで情報を収集し、車で出かけて各務ヶ原尾崎団地まではついたのだが、いつもどおり登山口がみつからずあちこちウロウロしてしまった。

 結局、団地の奥の方まで行って集会所を発見。集会所の奥を覗くとなにやら看板らしきものがあるのを確認できた。

権現山南町登山口

権現山南町登山口

 

 登山路は、北側斜面で明るい雰囲気はないが、トラ色のロープがはってあり道を間違えないようになっている。

各務ヶ原権現山頂上標識

各務ヶ原権現山頂上標識

各務ヶ原頂上三角点柱石

各務ヶ原頂上三角点柱石


各務ヶ原権現山眺望

各務ヶ原権現山眺望

  約15分ほど登ると頂上についた。頂上からは木々の間からの眺望のみ。登山路が西と東にもあり、三方向から登れるようだ。

 登山路、頂上とも何ということもない山で、北側にある三峰山のほうが楽しそうだが、今日はこのあと如来ヶ岳に登る予定のため、次へと急いだ。


南町登山路の地図は、「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

長良富士、横から見れば船伏山。

 

横から見た長良富士

横から見た長良富士

 長良富士(船伏山)は、登ってみると頂上付近が平坦で東西に長い。歩数で測って見ると平坦な尾根がほぼ直線状に500歩もある。
 そして、その東西の中央部分に、三角点の柱石があった。
 写真は、船伏山の北側を走る長良川堤防道路から写したもので、富士山というよりは台形に近い形となっている。これを見て、船を逆さまに伏せたような形と見て、船伏山と名づけたのだろうか。
 ところが、この後権現山に登って東からこの山を見ると、金華山を背に、きれいな円錐形(富士山の形)になっている。
 たぶん、西の金華山のほうから見ても、同じようにきれいな富士山型に見えるのだろう。

 だから、南北から見ると「船伏山」で、東西から見ると「長良富士」となるのだろう。

長良富士三角点柱石

長良富士三角点柱石


 この山の(私が登った)登山口は、山の西側で古墳のある竹やぶの間にあった。
 道路わきに、「日野一号墳」の説明看板があり、そのすぐ横が登山口になっているが、駐車する場所がなく、車で行ったので困った。
 近くのコンビニかJAにお願いしてとめさせてもらうか、登山道の入り口に突っ込むかしかない。私は、どちらも勇気がなく、おまわりさんが来ないことを祈りつつ、道路わきに駐車して登った。一時間以内に登って降りてこられたので、駐車違反にはならずにすんだ。
長良富士登山口

長良富士登山口

 頂上付近は、両側に立ち木があり眺望がきかないが、頂上手前の肩に当たる部分(鉄塔がある場所)からは、山の西、北、南に眺望がきき、金華山や百百ヶ峰、長良川がよく見える。

 

長良富士から見た金華山

長良富士から見た金華山


登山口への詳しい行き方は、続きを読んでください。

続きを読む

御嵩富士 登山道がない!

御嵩富士遠望
  今日(11/28)、御嵩富士へ登ってきた。
 国道21号線から、御嵩小学校の北側、愚渓寺の駐車場に車を止め、その西側にある墓地の裏側の林道から登り始める。
 近くにいた地元の人に登山路を聞くと、途中で道がなくなっているかも知れないといわれる。

 確かに林道を登ってゆくと、途中から藪こぎになり、さらに進むと、まったく道がなくなってしまった。
 仕方なく、頂上方向を目指して斜面を直登してゆくが、斜面の木を手入れして切り倒した材木や、切り払った枝木がそのまま放置してあるので、登りにくい。
 が、とにかく少しでも高い方を目指して、しゃにむに登ると、やっと頂上に到着した。
 高い山ではないので、駐車場から30分くらいの時間しかかからなかった。
 頂上はちょっとした空き地(といっても狭い)になっており、小さなほこららしきものもある。さらに、頂上から南東に十歩ほど行った林の中に、三角点の柱石もあった。
御嵩富士頂上1
 南側は、木の間から眺望もあり、御嵩の町や南のほうの山(はなとぴあがある場所)がよく見える。
御嵩富士眺望jpg
 頂上から、下山出来そうな道があったが、少し行くとすぐ踏み跡も何もなくなってしまった。
 ピンクのテープが、枝につけてあるので、それを頼りに少しいったのだが、あまり頼りにならない。結局、下りも道のないところを無理やり下りて来た。

 下りてきてから聞いた話では、山主の寺(愚渓寺)が、この山に人が登るのを嫌がるらしい。昔は、地元の子供たちもよく登っていたそうだが、登山道はなくなってしまったものらしい。
 下手すると、迷ってなかなか出てこられないところだったし、時間が遅い(夕方が近い)と、かなりあせるところだった。

  これから御嵩富士へ登ろうと考えている人は、十分注意したほうがいい。

続きを読む

かんな会山行

DSCN6054s11月15日同期会『かんな会』の仲間7人で三河の『本宮山』に登ってきました。 くらがり渓谷のせせらぎの音と紅葉を楽しみながらの登りでしたが、下りはごつごつした岩場もあるかなりハードなものでした。
雨の後の登山のため、普段は枯れている幻の滝の雄姿もみることができ、大満足の一日でした。

低い山巡り 富士山。佐久島はのどかな島。 

 今日は、月曜日だが妻が振替休日で、佐久島までお供していただけるというので、低い山「佐久島富士山」へ出かけることにした。

 高速を「豊田IC」で降りて、南へ向かう。昨晩印刷した「mapfan」のルート地図を見ながら走ったのだが、どこでどう間違えたか、刈谷駅の方まできてしまった。しかたがないので、高浜市、碧南市、西尾市と知多半島に近いほうの道を通って一色町を目指す。

 佐久島渡船場

渡船場迄1.5kmの看板を発見、やれ嬉やと車を走らせるが、気がつくと橋を渡って吉良町にはいっていた。渡船の出港時刻を見ると、出港まで数十分しか猶予がない。にわかに殺気立つ車内の空気。道を歩いていた人に聞いてやっと道筋が判明、あせりながらも懸命に車を転がす運転手の私。

 出港ぎりぎりに渡船場に到着。これが乗り遅れていたら、少なくとも一週間は家庭内から会話が消えるところだった。やれやれ!

 30分ほどで佐久島に到着。島内の案内図で確認して、早速「富士山」を目指す。

佐久島地図

 「富士山」とはいっても、三角点はもちろん頂上を示す看板も何もない。なにか頂上を示すものがないかと、あちこち探し回ったが、どうやら神社らしきものが頂上と判断した。

佐久富士山頂上神社

 この神社を周遊する道には、写真のような弘法さんのほこらが、あちこちに散在する。

佐久島弘法さんのほこら

富士山の頂上付近は、枯れた樹木の林で、眺望はもちろん、開放感も何もない。

 下山後、渡船場の女性に確認すると、やはり頂上には何もないとのこと。ついでに、なんで「富士山」と呼ぶのかと聞いたが明快な回答はない。天気のいい日に本物の富士山が見えるとか言っていたが、どこから見えるのだろう。頂上からは絶対見るはずないし、海岸から見えるのかなあ~。

 帰りの船の中は、釣り人がいっぱい。どうやらこの島へくる人は釣り人が多いようだ。メバル、カサゴ、クジメ、アイナメなどがつれるという。季節柄もあるのかも知れないが、根魚ばかりだ。

写真は、富士山の全景。ただのちょっと高い林にしか見えない。

佐久富士山全景

 本土にもどってから、「一色さかな広場」で買い物。「うちわ海老」とか言う海老を買ってきたが、もっちりしてなかなかおいしかった。
団扇海老