カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ

アーカイブ


携帯電話用QRコード

第一、第二真富士、毛無山

第一真富士頂上から富士山

第一真富士頂上から富士山

 支部山行で、11月9日から10日にかけて「第一真富士、第二真富士、毛無山」の三山に登ってきました。
 一回の山行で、50山ラリー対象の山三つを登れるということですが、「郷土富士」コースはなかなか達成が難しいコースです。
 宿泊の「奥山温泉」は、きれいな部屋で温かい温泉が楽しみとはいえ、食事の提供がないので、自炊です。
 私は、夜は手製のお弁当、朝は焼き餅と即席みそ汁です。食事は自前とはいえ、リーダーからの差し入れや、おかずの交換しあい、おいしい焼酎のふるまいもあり、楽しく盛り上がる夕食となりました。
毛無山頂上で休憩

毛無山頂上で休憩

 1日目の第一、第二真富士は、登山口の林間の登山道が登りにくいが、そのあとは一定間隔で安置された何体ものお地蔵さんに励まされながらの登りです。第一真富士から一度下って、第二真富士へ登るとき少し危険な場所があります。不安な人は設置されたロープを助けにしながら登ります。
 登山路の途中にある神社から、きれいな富士山がばっちり見えます。
 もちろん、第一真富士の頂上、第二真富士の頂上からも、富士山は丸見えです。
 そう、この山行の2日間はこの上ない快晴、風も少なく眺望は最高、頂上での休憩は暖かな陽射しを受けてのんびりです。
 真富士からの下山時には、中世古リーダーから「ツエルトの使い方」の講習。
 厳しくも優しい中世古リーダーからは、登山中いろいろな教えを頂きます。
 2日目、毛無山からの下山は、地蔵峠から沢沿いの道を下ってきました。
地蔵峠から富士山

地蔵峠から富士山

 沢沿いの下山路には、渡渉地点が数か所あるので、案内看板にあった通り増水時には渡れなくなりそうです。悪天候時や雨のあとは注意が必要です。
 岐路で寄った温泉の駐車場から、夕日に照らされ赤く染まった富士山を見ることができました。 これはめったには見られないそうです。
赤富士

赤富士

 天候にも恵まれ、素晴らしい眺望、アットホームな交流、そして厳しい指導など、とっても楽しい山行でした。
 
 

愛知県の山 三山縦走

50山ラリーの期間も 1年切りました。
早く登らねばとの焦りを覚えますが、ラリーを目的としていないので同じ山を何度も登る事になり、なかなか思う様にカウントが進みません。
そこで 3山一度に登れる愛知の山(聖山~登望峰山~桑谷山)を縦走してきました。
登山口を捜すのに苦労しましたが、山へ入れば踏み跡はあり、地図を片手に三河湾の景色を眺めながら 3時間で3山制覇ができます。
お昼には桑谷山荘に到着!ここで 松茸釜飯ランチを賞味して 展望フロに入れば言う事なし…
愛知県の山を目指している皆さん、是非 挑戦してみて下さい。hiziriyamakuwagaisan

紅葉の涸沢

今年は猛暑の為か?紅葉が遅れている。
涸沢へ入った12日は丁度ピークで 燃える紅葉に 皆 大感激!
連休中の涸沢ヒュッテは一枚のフトンに 3人の混み様だったとか…
紅葉は20日頃まで楽しめるようですので 是非 お出掛け下さい。karasawa5karasawa4karasawa3karasawa2

 赤木沢遡行

9月初旬、登山教室指導員研修で黒部川源流.赤木沢へ行ってきました。
日本一の美しさと言われるこの沢は20年来の憧れ!健脚者に混じってのハードな行程は辛かったけれど、夢にまで見た赤木沢の出合は翡翠色に輝き、そこから始る赤木沢は景観豊かで滑らかな岩を流れるナメ滝が続きます。夢心地の様な沢歩きも源頭に近づき、涸れ沢を登ると大草原が広がる赤木平!目の前には水晶岳、赤牛岳、薬師岳が横たわり 最高のロケーション!しばし草原に寝転び 懐かしい山々を眺め、楽しかった沢遡行の余韻に浸って至福のひととき…
この後に折立までの強行下山が待っているとは…!

akagisawa1akagisawa5

akagisawa3akagisawa6

七倉岳の後は、弥勒山。

七倉岳頂上

七倉岳頂上

 支部友山行で七倉岳に登ってきました。

 七倉岳の頂上からは、北アルプスの山々、北は剣岳、立山から南には槍ヶ岳、奥穂、前穂、燕岳がよく見えました。また、船窪山荘の食事は、料理旅館並みの素晴らしさ、山小屋の食事とは思えないおいしさでした。この手の込んだおいしそうな食事を写真で見てください。

船窪山荘の夕食

船窪山荘の夕食

 鼻突き八丁の急登をあえぎながら登ったんだけど、残念ながら50山ラリーの山名リストのは、七尾岳の名前はありません。

  七倉尾根は、途中から岩と木の根の登り難い登山路で、その降りで腿の前が2~3日痛かったのだが、痛みの退いたので50山ラリーの対象の山、弥勒山へ登ることにした。

弥勒山展望台から西方向を望む

弥勒山展望台から西方向を望む

 弥勒山は裏庭みたいなものだが、以前定光寺から登ったときには、なめてかかって(時間を)、昼から登り始めたら、帰りが薄暗くなってあせって下山したことがあった。

 今回は、時間がかからないように春日井緑化植物園から登り、大谷山→道樹山→弥勒山へと廻った。

 弥勒山の山頂の展望台の前の階段の両側にドラム缶のような水槽があり、水草が浮いてメダカが元気に泳いでいる。

 何気なく見ていたが、実は北側の水槽には大人のメダカ、南側の水槽は子供のメダカが泳いでいるそうだ。メダカの世話をしている人がいて、北側の水槽で大人のメダカが卵を産むと、それを南側の水槽に移し、大きく元気になるとそのメダカを掬い出して、北側の水槽に移すそうだ。

 大人のメダカは、子供を生みながら、その生んだ子を食べてしまうので、生まれた子供はすぐに子供用の水槽に移し、大きくなったら大人用の水槽に戻してやるわけだ。

 メダカの世話をする人もいれば、毎日登って手帳に日付スタンプを押している人もいる、弥勒山は地元の人に愛されている山なんですね。

 

 

 

 

夏山

今年は意外に早く梅雨が明けて、アルプスを楽しまれた方も多くいらっしゃると思います
私も 28日から御嶽山に登り 新二の池小屋に泊りましたが、次の日は大雨!
ずぶ濡れになって濁河温泉へ下りてきました。
8/2からの槍ヶ岳縦走は好天に恵まれ、槍.穂の景色に感激しながら 稜線漫歩を楽しみました。
9日からの笠ヶ岳は雲が多く眺望はイマイチでしたが、高山植物が真っ盛り!
一面のお花畑に大満足の夏山でしたontakesanyarigatake

kasagatake

愛知川遡行

7/8 登山教室.指導員研修で愛知川遡行を楽しんできました。
皆さん、沢スパッツに沢靴、短パン姿で沢スタイル バッチリ!
清流の中をジャブジャブと楽しみながら上流へと遡行…
途中 岩をヘつったり ザイルで下降したり 腰までの深みに入ったり
沢歩きの基本技術を楽しく学んだ一日でした。etigawa1etigawa2etigawa4

「お気に入り」から50山ラリーのホームページを見るときの注意

 50山ラリーのホームページをブラウザ(インターネットエクスプローラ)の「お気に入り」に記録して閲覧されている場合の注意をお知らせします。

 50山ラリーのホームページの表示ページ(トップページ以外)を「お気に入り」にいれて、閲覧するときに各ページ(例えば達成順位のページなど)をすぐに表示出来るようにしている場合があると思います。

 この「お気に入り」を使っている場合、今までは正しく表示されていたのに表示できなくなる場合があります。

 このときは、まずトップページ(http://jactokai.jpn.org/)を表示してメニューから表示したいページへ移動してください。

 ホームページは、不具合修正や機能強化のため修正や変更されることがあります。そのときに、各表示ページのアドレスも変更される場合があり、その結果、「お気に入り」から表示しようとしても表示されなくなることがあります。

 トップページ(http://jactokai.jpn.org/)のアドレスが変更されることはありませんので、記録してある「お気に入り」からの表示が出来なくなったばあいには、トップページを表示しメニューから目的のページを表示すれば正しく表示されます。

倶留尊山

kuroso1kuroso2

7月 2日 支部友山行で「倶留尊山」へ行ってきました。

雨を心配しての決行でしたが、まずまずのお天気…

この日は倶留尊山へ登る人も無く 山頂は私達で独り占め!

下山時には展望も良好になり、稜線から眺める 緑の曽爾高原に感激!

静かな山歩きが楽しめ、諸々 とてもラッキーな一日でした

何がラッキーだったかって?

それは参加した人に聞いて下さいな (^ー^* ) フフフフ

ウエストン祭

第64回 ウエストン祭に  9名で参加してきました

6/4  鉢盛山へ登り アルプスの眺望を楽しみ 島々の民宿に泊る。翌朝 信濃支部主催の徳本越えに参加。徳本越えは 近代登山のプロローグを演出した歴史的な登山道として有名。

渓谷に沿ったクラシックルートを新緑と花を楽しみながら歩き、徳本峠への綴れ坂を登りきると、ウエストンが別れを惜しんで涙を流したという穂高の眺望が目の前に聳え 感激!

12時間の長丁場でしたが、山研での夕食懇親会は疲れも忘れ 多いに盛り上がる!

翌朝 日本山岳会主催のウエストン祭に参加。尾上会長の挨拶に続き、地元小学生による山の歌や講演を聞き、西糸屋で開催された午餐会にも出席、 有意義な三日間でした。

鉢盛山

徳本峠

IMG_2301_4