カレンダー

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリ

アーカイブ


携帯電話用QRコード

支部友夏山山行「針ノ木岳、蓮華岳」剣岳、立山連峰、槍ヶ岳、富士山、八ヶ岳すべて見えた。

今回の夏山山行は7名の少数精鋭、平均年齢も低く体力・技術とも十分な人が多い。
私は上から2番目の年長、しかも最年長のAさんはとても元気なうえ、支部友入会2年目で山登りが楽しくてしょうがない時期、私の頭にみんなの足を引っ張らないか少し不安がよぎる。

さあ、登るぞ!扇沢駐車場にて

さあ、登るぞ!扇沢駐車場にて

1日目は、柏原新道を種池山荘まで登る。
途中扇沢駅が見える場所で、地図とコンパスを使って現在地同定をみんなで行ってみる。

種池山荘に到着

種池山荘に到着

種池山荘に到着。睡眠不足か、かなり疲れたが、予定時間内に到着。大きな迷惑はかけずに済んだようだ。

剣岳をバックに記念撮影

剣岳をバックに記念撮影

2日目は、今回の山行の核心部分、岩小屋沢岳、鳴沢岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳へとアップダウンの繰り返し、岩場、ガレ場の昇り降りが延々と続く。
朝のうちはガスって視界がなかったが、岩小屋沢岳についたころには雲が晴れて目の前に存在感のある剣岳が姿を現した。
裏から見る剣岳は、「岩と雪の殿堂」といわれるにふさわしい鋭い岩峰と雪をしっかり残した白い雪渓の対比が美しい。
長い歩行を経て針ノ木小屋に無事到着。小屋は満員御礼状態だが、リーダーの顔と交渉力で、別料金なしで個室を確保、狭いながらも他グループを気にせずに疲れをとることができた。

朝焼けの中の富士山と八ヶ岳連峰(蓮華岳頂上から)

朝焼けの中の富士山と八ヶ岳連峰(蓮華岳頂上から)

3日目は、早朝に蓮華岳を往復。登山路にはピンクのコマクサがあちこちに花を開いていて、とてもかわいらしい。
柏原新道や種池から針ノ木への縦走中にも、ゴゼンタチバナ、チングルマ、キヌガサソウ、シナノキンバイ、チシマギキョウなどなどの多くの花を楽しむことができたし、雷鳥に遭遇し至近距離から撮影することも出来た。
蓮華岳頂上からは、富士山、八ヶ岳連峰、槍ヶ岳、奥穂高岳、前穂高岳、七倉岳への縦走路、真砂岳、野口五郎岳の表銀座の山々などすべてが見える。地図と磁石で、各山の位置と名前の確認を楽しむ。

蓮華岳頂上で

蓮華岳頂上で

頂上での時間を楽しんだ後、記念撮影を行うころには、ガスで景色は見えなくなっていた。
その後、針ノ木小屋から下山、針ノ木雪渓をアイゼンで下り大沢小屋へ、そのころからは雨がふりだし雨具をつけて濡れながら扇沢に到着。しかし駐車場を出て温泉で疲れを取っていたころには青空がもどっていた。
雪渓の下りは緊張を強いられたが、ノドと呼ばれるあたりでは雪渓は痩せ、マーキングされた下山路から2メートルも離れていない場所に大きな穴が開いていて、その下を流れる雪解け水の水音さえ聞こえてきてさらに緊張感を強められた。

立山連峰縦走(別山⇒雄山)

turugidake8月22日から23日にかけて、立山連峰を縦走しました。

 「ヒュッテ雷鳥沢」に一泊し、朝から剣御前まで登り、別山~真砂岳~富士の折立~大汝~雄山とまわり、一の越から室堂へ降りてきました。

 天気が非常によく、剣岳がよく見えましたが、映画「剣岳 点の記」を見た後なので、測量隊が登ったのはどのあたりかなど、話し合いながら眺めていました。

 とても風が強かったので、途中休憩らしい休憩もせず雄山までいきました。

 雄山からは、槍ヶ岳を含む穂高連峰を遠望することが出来ました。

 室堂で買って食べた「おこわ」がとてもおいしかった。

夏山山行 野口五郎岳 2009/08/08 ~ 2009/08/10

支部友夏山山行で、「野口五郎岳、烏帽子岳」へ登ってきました。

台風9号の影響で、野口五郎岳は登頂したものの、烏帽子岳は悪天候のため登頂を断念し、早めに下山した。DSCN1306