カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリ

アーカイブ


携帯電話用QRコード

第一、第二真富士、毛無山

第一真富士頂上から富士山

第一真富士頂上から富士山

 支部山行で、11月9日から10日にかけて「第一真富士、第二真富士、毛無山」の三山に登ってきました。
 一回の山行で、50山ラリー対象の山三つを登れるということですが、「郷土富士」コースはなかなか達成が難しいコースです。
 宿泊の「奥山温泉」は、きれいな部屋で温かい温泉が楽しみとはいえ、食事の提供がないので、自炊です。
 私は、夜は手製のお弁当、朝は焼き餅と即席みそ汁です。食事は自前とはいえ、リーダーからの差し入れや、おかずの交換しあい、おいしい焼酎のふるまいもあり、楽しく盛り上がる夕食となりました。
毛無山頂上で休憩

毛無山頂上で休憩

 1日目の第一、第二真富士は、登山口の林間の登山道が登りにくいが、そのあとは一定間隔で安置された何体ものお地蔵さんに励まされながらの登りです。第一真富士から一度下って、第二真富士へ登るとき少し危険な場所があります。不安な人は設置されたロープを助けにしながら登ります。
 登山路の途中にある神社から、きれいな富士山がばっちり見えます。
 もちろん、第一真富士の頂上、第二真富士の頂上からも、富士山は丸見えです。
 そう、この山行の2日間はこの上ない快晴、風も少なく眺望は最高、頂上での休憩は暖かな陽射しを受けてのんびりです。
 真富士からの下山時には、中世古リーダーから「ツエルトの使い方」の講習。
 厳しくも優しい中世古リーダーからは、登山中いろいろな教えを頂きます。
 2日目、毛無山からの下山は、地蔵峠から沢沿いの道を下ってきました。
地蔵峠から富士山

地蔵峠から富士山

 沢沿いの下山路には、渡渉地点が数か所あるので、案内看板にあった通り増水時には渡れなくなりそうです。悪天候時や雨のあとは注意が必要です。
 岐路で寄った温泉の駐車場から、夕日に照らされ赤く染まった富士山を見ることができました。 これはめったには見られないそうです。
赤富士

赤富士

 天候にも恵まれ、素晴らしい眺望、アットホームな交流、そして厳しい指導など、とっても楽しい山行でした。